--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年05月23日

●東ヨーロッパに行ってきました。

おっす!おらカッパだ!毎回毎回キャラクター違う気がするけど、気にしない方向で!
北国で冒険者足るもの!と修行に明け暮れてたんだけど、すっかり頼まれごとをされた事に
気付いたんだよ!なんでも東ヨーロッパで、貴族がどーだ?海賊がどーだ?身代金がどーだ?ん?ん?なんだっけか?
まぁいいかー、東ヨーロッパに向かえば判るっしょ。
「おお、カッパ久しぶりじゃないか!」ん?呼びかけられたよ。誰だろう?
と振り向くと、王様のような冠を御仁が。ああ、シルベルトのおじ様じゃないですかー
船を作ってもらって以来ですね。ご無沙汰しております。
で、暫く立ち話の後東ヨーロッパに行く話を伝えると
「おお、丁度良い。わしもいくぞ!」だって。シルベルト王様の諸国漫遊記だねー。
と。しばらく東ヨーロッパへと進みましたよ。ええ。
初めて街を何箇所か回り、次の港へと出発しようと思った矢先に、シルベルト王が
「これカッパ。これから先は悪い代官や私腹を肥やした悪徳商人や抜け忍などが襲ってくる
危険地帯じゃ。心して進むのだぞ!」「殿かしこまったでござる!」
ということで、アテネへゴーしました。ドキドキです。
「ほらほらカッパよ見てみるが良い、あそこに見えるのが有名な海賊のm○○○oだぞ。♪ちょっと早すぎるかもね B-DASHって感じじゃ。
まぁ奴は我らが同国のものなので、安心だがな。わっはっは」
と笑っている矢先に、どかどかどかどかと打ち込まれた大砲がシルベルト王の船を一撃で粉砕したのでした。
「ていうか、殿襲われましたぞー。やれ、どーしましょー、やれ、どーしましょー」と何の役にも立たない
僕がうろうろしていると、自力で回復した殿はおもむろに街へと戻り始めましたよ。
いやー、PKって容赦無しだなー。

ようやく街に辿り着くと予め潜入していた矢七が合流しました。海賊に襲われてご老公がピンチだったことを
告げると「八ベえお前がついていながら・・・!」と怒られました。そんなことより団子団子・・・!

とか段々収拾がつかなくなってきたので、元に戻しましょう。

kingguard.jpg

とりあえず、王様と家来達です。家来は眼鏡基本という事で。

他にもいろいろありました。
・フリュート乗りになりました
・シルさんのお友達で、最初に船を作ってくれたAさんより銀鎧を安価で譲っていただきました!
・イベントは自力(というかアルヴェロが倒したのですが)で海賊を退治しました
・順調にレベルあがっております。13/7/5 かな?
・なぜかちっとも出来なかった商人クエがやっと出来るようになりました。あんましやらないけど
てな感じ。日々頑張っております。今週中にはアフリカへ行けるかしら?ドキドキ。

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。